エマ・ワトソン「タトゥーに脚あらわなショートパンツ」セクシーな蓮っ葉娘

印刷

   映画「ハリーポッター」シリーズに10歳で出演して人気者になったエマ・ワトソンもいまや21歳とすっかり大人の女優だが、これまでの優等生的イメージを崩す不良少女役に挑戦している。ピンヒールに脚が露なジーンズのショートパンツ、下品なピンクの口紅。極めつけは腰のくびれ部分に彫られたタトゥー。欧米では、この位置のタトゥーをちょいワルでセクシーな女の代名詞として「トランプ・スタンプ」と呼ぶ。

ソフィア・コッポラ監督の新作品

   もちろんこれはソフィア・コッポラ監督の新作映画「The Bling Ring」の役作りのためで、BlingRing はパリス・ヒルトンやリンジー・ローハンなどハリウッドの有名スターたちの家に押し込み強盗を繰り返していた実在の不良グループの名前だ。エマが演じる少女ニッキーもメンバーだった。

   今回はロングヘアーのウイッグを付けて、元プレイボーイメイトの母親を持つ蓮っ葉なティーンエイジャーを演じる。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中