「アメリカンイーグル」日本初出店―大型店・アウトレット続々オープン

印刷

   この春、首都圏各地でアウトレットモールなど大規模店舗が続々オープンするという話題を取り上げた。テレビで見るドラマや音楽は「韓流」、ファッションとなると、相も変わらず欧米ブランドが注目されるようだ。

中国など外国観光客ターゲット

   今日18日(2012年4月)オープンの東急プラザ表参道原宿には、アメリカンイーグルが初出店である。明日オープンのダイバーシティ東京には、H&MとFOREVER21が隣り合わせに店を構える。その上の階にはZARAがあり、日流ブランドの「ユニクロ」もさらにその上の階に入ってるそうな。

アメリカ人は買うものない

   こうした施設のなかには、中国など外国人観光客を当て込んでいるところもあるそうだが、番組コメンテイターのデーブ・スペクターは「アメリカの観光客は、アメリカのものを買わない。日本のものがなくて困るという声はよく聞く。何買えばいいかわからないという」と、アメリカ人観光客の悩みを代弁していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中