北川景子「あの文藝春秋に随筆。ブログと全然違いました」

印刷

   「文藝春秋」の5月号(2012年)に随筆を寄稿した女優の北川景子が4月17日のブログで原稿執筆の感想を語っている。

   随筆を書くのは初めての挑戦で、「自分の言葉で話す、自分の言葉で書く、ということは日ごろの取材やインタビュー、ブログである程度慣れているつもりでしたし案外すんなりできるものかと思っておりましたが、やってみるとそんなに甘くないものでした。」と言い、「勝手気ままに書いているブログとはやっぱり大違いで小説家にはなれない、と確信した体験でした。」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中