2018年 7月 20日 (金)

バイオリン弦に蜘蛛の糸1万本!専門家も驚いたすばらしい音色

印刷

   蜘蛛の糸をよじ登っても極楽には行けない。これは小説にもあるほど有名な事実だが、蜘蛛の糸で極上の音を出すことはできるらしい。番組の小倉智昭キャスターが読売新聞記事をもとに伝えるところでは、バイオリンの弦に蜘蛛の糸を使うと、通常のナイロン製の弦より強度があり、しかもよい音色がするという。専門家も蜘蛛の弦を高く評価しているんだとか。

番組では音源流さず「読売新聞」記事でごまかし

   蜘蛛の糸を研究する大崎茂芳・奈良県立医大特任教授が、なんと10000本もの糸をより集めて弦を作ったのだという。

音ないの残念

   以上、新聞の情報をもとに、「とくダネ!」がお伝えしたことを一部お伝えした。ちなみに、「とくダネ!」というのは、天下のテレビ番組である。この珍奇なバイオリンのなにがしかの音源が番組で流れるものと思われたが、「音がないのが残念」(小倉)という体たらく。

   もっとも、主オグラが音を聞きたいと強く要望していることから、今後番組内でアレンジされる可能性もありそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中