「ヘンタイデス」教えてない ダルビッシュが報道に怒り

印刷

   レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)が2012年4月19日(日本時間20日)、タイガース戦で大リーグ2勝目を上げた。日本でも大きく報じられたが、その中の「日刊スポーツ」4月21日付けの記事にダルビッシュ投手が怒っている。

   記事ではダルビッシュ投手がチームに溶け込もうとして、イタズラで同僚に「ワタシハ、ヘンタイデス!」などの日本語をレクチャーしていたが、この2勝目でレ軍に正真正銘の仲間入りを果たした、と書いた。

   ダルビッシュ投手は21日に「ツイッター」で、 「日刊スポーツに同僚に『ワタシハヘンタイデス』と僕が教えたという記事がありますが全くの嘘です。作るのはやめて欲しい」とつぶやいた。確かに「ワタシハヘンタイデス」と言っているチームメンバーは1人いるけれども、その人が誰に教えてもらったのかはわからない」と、ダルビッシュ投手は書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中