英国キャサリン妃の妹「男と悪のり」車からカメラマンに拳銃

印刷

   世の中には、ピッパ・ミドルトン(27)がどうなろうと知ったこっちゃないという人も多いだろう。実際、ピッパと聞いて、英国王室のキャサリン妃ケイト・ミドルトンさんの妹だとわかるだろうか。ただ、欧米のタブロイド紙には、格好のネタだ。今週のイギリスやアメリカのタブロイド紙の1面はピッパが引き起こしたスキャンダルで埋め尽くされた。

本物なら懲役7年、偽物でも2年

   週末に訪れていたパリで、彼女が乗ったアウディ車の運転席からカメラに向かって拳銃を向ける若い男性が撮影された。隣の助手席に座ったピッパは悪のり風の笑顔でカメラを見つめている。この写真がタブロイド紙に掲載されるや、激しい非難が巻き起こった。フランスのトゥールーズ市で、幼い子供が犠牲になる銃乱射事件が起ったばかりだったからだ。たとえ偽物であったとしても、悪ふざけが過ぎるというわけだ。フランスでは公共の場で違法に拳銃を使用すれば最高7年の懲役、拳銃が偽物であっても最高2年の懲役が課せられる。

   拳銃を構えたピッパの隣の男性は社交界で有名な弁護士と判明して、世間はさらにびっくり。パパラッチにはめられたのではないかという意見もネットでは多いが、そもそもそんなものを持ち歩いていること自体が問題だろう。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中