2018年 7月 21日 (土)

八王子・バス運転手刺傷で中学3年逮捕!「立て籠もるつもりだった」

印刷

   きのう22日(2012年4月)午後3時すぎ、東京・八王子のJR西八王子駅北口のバス停で、西東京バスの運転手(37)が若い男にナイフで胸を刺され軽症を負った。男は学生服のような服装で、カバンなどを置いたまま逃走した。「20歳くらいだった」と「とれ丸ニュース」コーナーでで森圭介アナが伝えた。

   ところが、その20分後、午前9時を回ったところで「ニュースが入りました」と速報となり、「運転手を刺して逃げていた男が捕まりました。14歳の中学3年 生でした」と流れた。男はバスを降りる際にお年寄りとトラブルになり、仲裁に入った運転手を刺したという経緯も違っていた。

「部活の友人見返すため。ナイフはコンビニで買った」

   警視庁に逮捕されたのは八王子市に住む中学3年生(14)で、バスには少年の名前や学年が書かれたバッグが残されていた。少年はバスの運転手に「ドアを閉めろ」と果物ナイフで脅してもみあいになり、運転手の左胸を刺した疑い。少年は、「部活で登校したが、友人にばかにされ、見返すためにバスの立てこもりをやろうと思った。近くのコンビニでナイフを買った」と話しているという。

   こういう事件では、いつも一言ある司会の加藤浩次、キャスターのテリー伊藤、うるさい勝谷誠彦(コラムニスト)も、中学生逮捕はニュース扱いだったのでコメントなしだった。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中