2018年 7月 22日 (日)

大野智「素」でやってる!?密室破りオタク―本人も「似た性格の役だね」

印刷

鍵のかかった部屋(フジテレビ系月曜よる9時)>人気作家・貴志祐介の同名小説の連続ドラマ化だ。主演の大野智はフジテレビ連続ドラマ初出演にして、初の月9主演。演じるのは「この世に破れない鍵はない」と豪語する防犯オタクの榎本径で、人一倍正義感が強いが早とちりでおっちょこちょいの弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)とせっかちで二枚舌、損得勘定で行動する青砥の上司・芹沢豪芹沢(佐藤浩市)を助けて密室事件の謎を解き明かしていく。

   3人が出会ったのは、青砥のドジで銀行の金庫室に芹沢と頭取を閉じ込めてしまったのを、榎本があっさり開けてしまうところから始まる。榎本の知識豊富ながらちょっと変、だけど意外にできる奴というキャラが描かれる。見事な手際を認められた榎本は、密室で死んでいたことから警察が自殺と断定事件も、当たり前のように殺人トリックを暴いていく。

「怪物くん」に加えて、もう一つの当たり役

   おとなしくているかいないか分からないほど存在感希薄な人物が、自分の好きなことになると他人の迷惑お構いなしで知識やうんちくをとうとうと語り、周囲を唖然とさせる。そんな榎本を大野が地のまま演じている。バラエティーで釣りや絵について語るときの大野クンの熱さはおなじみ。自身も似た性格と感じているらしく、等身大の役に新鮮さを味わっているそうだ。

   とはいえ、聞いたこともない専門用語がびっしりの長台詞には手を焼いている様子だ。リハーサルにはその長台詞をひたすら読んで覚え、完璧に頭の中に入れている。プロデューサーもびっくりの気合の入れようという。監督から、あまり動かず、淡々としゃべることを厳命されている大野クンは、終始ポーカーフェイスで抑揚をつけずに鍵の知識や調査内容を説明していく。終始オーバー演技の佐藤、戸田の掛け合い漫才風トークとの落差が楽しい。

   佐藤のはじけたキャラ、本音丸出しのしゃべりが秀逸。原作にはない佐藤を加えたことで物語にテンポが出て厚みも増した。「怪物くん」も大野クンの当たり役だけれど、まったくタイプが違う今回に役もまたはまり役といえる。器用な人だ。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中