2020年 11月 30日 (月)

「時間治療」がん延命、リウマチ痛に画期的効果!投薬時間変えるだけ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「時間治療」が画期的な効果を上げ注目されている。そも時間治療とはなんなのか―。キャスターの国谷裕子は「治療に用いる薬は従来と全く同じで、ただ使う時間を変える。それだけで、がん患者の生存期間の延長や、関節リウマチのつらい痛みや腫れがおさまるなどの効果が上がっています」と説明する。

1・5倍の制がん剤を深夜にピンポイント投与

   関節リウマチに長年苦しんできた富田喜久枝(70)は、服用している薬はこれまでとまったく同じだが、薬を飲む時間をそれまでの朝昼2回から夜寝る前の1回に変更しただけで痛みは好転したという。担当医師も「時間治療がこんなに効果があることに正直、驚いています」という。

   小原大輔さんは健康診断で肝臓にガンが見つかり、抗がん剤治療を受けていた。ガンは比較的大きなもので手術は無理。「治療の先行きが見えないので不安な気持ちでいっぱいでした」と話す。そんな時に耳にしたのが時間治療だった。時間治療を導入している横浜の病院に転院すると、それまでの抗がん剤の1.5倍の量を深夜に投与され、なんと数か月後にはがん細胞が収縮した。

   国谷「こうした病状や症状の改善の背景にあるのは、細胞の中で時計のように働く『時計遺伝子』研究の進歩です。時計遺伝子は全身の細胞にあり、その働きをコントロールしていることが分かってきました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中