元なでしこ大竹七未と婚約の松本山雅・弦巻健人「家事も料理も抜群」

印刷

   元サッカー日本女子代表で東京国際大学女子サッカー部監督の大竹七未(37)が、J2リーグ松本山雅の弦巻健人(24)と婚約したことを4月25日(2012年)のブログで報告した。

「交際を始めた3年前からずっと変わらず、私を凄く大切に想ってくれる彼の優しさは私の心の支えであり、かけがえのないものです。これからは、東京国際大学での監督業、そして女子サッカーの裾野を広げる活動を継続しながらひとりの女性として、彼を全力でサポートしていきたいと思っています。」

   弦巻もチームの公式サイトで「七未さんは、優しくて思いやりがあり、何よりも僕の事を常に1番に考えてくれます。家事もお料理も抜群で、七未さんの笑顔がとても好きで、惹かれました。」とコメントしている。入籍は6月29日、挙式は来春を予定しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中