「小沢無罪」本村健太郎バッチリ予想!とっちゃん坊やもそこは弁護士

印刷

   資金管理団体の土地購入をめぐって政治資金規正法違反に問われていた小沢一郎・民主党元代表の裁判で、東京地裁はきょう26日(2012年4月)に無罪の判決を言い渡した。

   この日の「スッキリ!!」は特番に切り替わってお役御免となったのだが、「とっちゃん坊や」の本村健太郎(弁護士)が珍しく法律家の顔になっていた。判決直前に「10分後には判決が出ますが、おそらく判決は、『被告人は無罪』になる」。理由は「証拠が足らなかった」と断言した。

限りなく黒に近いグレー「疑わしきは被告の利益に」

   本村は続ける。「(秘書だった)石川議員が虚偽記載を(小沢氏が)了承していたとする検察調書が証拠採用されなかった。疑わしきは被告人の利益には刑事裁判の鉄則。限りなくクロに近いグレーだと思うが、この場合は無罪判決を出すしかない。それがいまのルールですから」

潔白!

   キャスターのテリー伊藤が「小沢さんの立場が強くなって発言力が増す。消費税にも反対してるからどうなるか」と力説したが、判決前だけに言葉が覚束ない。本村はなおも、「決して潔白が証明されたわけではありません。秘書3人は有罪判決が出ていますから、小沢氏はかろうじて刑事責任をまぬかれたということです」といい、検察審査会の起訴の経緯を肯定した。

   司会の加藤浩次「起訴したことには意義があったが、判決は無罪」

   本村「証拠がなかったから」

   というわけで、「天の声」はなしで特番に切り替わった。これまでの経緯やポイントを並べているうちに、記者たちが次々に駆け込んでくる。 「小沢被告が入廷しました」「無罪判決です」「裁判長が理由を読み上げています」

   まあ、なるようになったというか、ゲストコメンテーターの解説は、本村の見立てとまったく同じ。さらにだいぶ経ってから、検察審査会の起訴という判断は認めたというのが入ってきたが、本村はこれまで読んでいたのだからたいしたものだ。

一気に野田下ろしと代表選出馬?

   無罪となると、話は一気に飛ぶ。このところ元気になった小沢の映像が出た。「野田さんは消費増税を言うが、初心を忘れてしまった。増税の前にやることがあるんじゃないの。民主党しっかりせいとおしかりを受けている。反省しないといけない」と、聞き飽きた小沢節だ。勉強会を開いたり、次の代表選に出る構えも見える。

   これに、新党改革の舛添要一代表は「司法の判断は重いが、小沢さんが120人をもってしても道は厳しい」と復権には懐疑的だが、「秘書3人が逮捕されたんだし、世間一般との温度差はある。小沢さんの問題で政治がストップするというのは不幸なこと。まず民主党内をすっきりさせ てほしい」と、これは正論だ。

   さて小沢がこれからなんと言うか。またまた「潔白が証明されました」とやるんだろうか。今回の焦点は「小沢の関与」だったが、国民の目は金にまみれた政治活動そのものに向いている。わかってないのは小沢一派だけか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中