2018年 7月 17日 (火)

番組終了直後の小沢一郎「判決」ワイドショーやりにくい…

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>26日(2012年4月)に小沢一郎・民主党元代表の政治資金規正法違反の判決があったが、番組終了がTBS系「朝ズバッ!」は8時半、日本テレビ系「スッキリ!!1部」、テレビ朝日系「モーニングバード」、フジテレビ系「とくダネ!」は9時55分の朝のワイドショーにとって、朝10時からの公判というのは実に扱いにくい。判決の予想をして見せても、番組が終わって何分もしないうちに結果はわかってしまうし、「有罪」「無罪」のそれぞれの政局への影響を占っても、「もし××ならば…」という前提付きの分析・コメントではいまひとつリアリティーがない。

   そこで「モーニングバード」は放送時間を延長、「スッキリ!!」「とくダネ!」はエンディングで判決公判の話題を振っておいて、直後の報道特別番組に流れ込むという作戦をとった。翌朝は無罪判決の政局への影響をさぐる取り上げかたとなった。TBS系「朝ズバッ!」はTBS政治部、毎日新聞論説委員などによるディスカッション方式で「『小沢グループ・維新の会』新党あるか?連休明け民主党分裂含み」と見立てた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中