塩谷瞬シドロモドロ「オツムの程度は先生に叱られた中学生並み」

印刷

   塩谷瞬とかいう29歳の俳優が巻き起こした結婚二股騒動の続報を2日(2012年5月)の「モニバド」がトップで取り上げた。1日夜、舞台稽古を終えた塩谷が、待ち構えた報道陣に観念したのか「二股」の一部始終を語ったのだが、聞いてみると単なる女たらしとしか受け取れない内容だった。

「本当」を3回並べて言い訳

「20日(2012年4月)にまず、冨永(愛・モデル)さんの方からお話ししましょうと連絡をいただいて、僕が過ちを犯してしまった事実をお伝えして、1度区切りをつけてお別れしようと。その後、園山(真希絵・料理研究家)さんのほうにも連絡が取れたので、きちんとお別れをさせていただくことになりました」
この歳になるまで

   お別れをさせていただいたと塩谷から切り出したような言い方だが、実際は2人に愛想を尽かされたのだろう。

――どうして2人にプロポーズしたんですか。

「その件に関しては相手のいることでもありますので、すごく…。最初はプロポーズをしたという形ではなかったんですが、一つはそういう家庭とか、結婚をしたいという話が出て…」

――相手からということ?

「そういう流れの中で、双方からという形だった」

――気持はどちらの女性と本当に結婚する気でいたんですか。

「それは、あの、実際は…、本当に僕の中で悩んでいたことは事実ですし、真摯に僕の中でも考え、園山さんも冨永さんも本当にまた出会って間もない頃だったので、自分の中でも真剣に、本当に結婚ということを、まあ家庭にあこがれていた自分もあったので、どういうふうに結婚したらいいか、家庭を築いていけるのかということを考えながら暮らしているうちに、いい加減なことになってしまった」

   ウソほど言い訳が長いというが、答えを外しながらクドクドと『本当』が3回も出てきた。

――芸能界で沖縄・与那国島で「島の女性に手を出した」とか、「結婚したいというのが彼の口癖」という発言をする人がいますが、なぜそんなことを言われてしまうと考えてますか。

「未熟ゆえに、そういう勘違いをさせていた部分もあると思います」

とても29歳の男に見えない幼稚さ、無責任

   この会見内容を聞いた街角の若い女性は「ホントかよ、みたいな…」「またしますよ、絶対します」と手厳しい。スタジオのコメンテーターも、女優の東ちづるは「歯切れが悪いし、29歳、アラサーですよね。こんなのどうでもいいと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、これ深いなーと思う。この年になって、どういう人生を生きてきたのかって…」とあきれ顔だ。

   宇治原史規(タレント)「中学生が先生に怒られ、必死で言い訳をさがしているように見えた」

   言い得て妙!

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中