シングルマザー困窮…「雇ってもらえない」「保育園申し込めない」

印刷

   去年離婚したゲストの山口もえ(タレント)が呟いた。「きょう呼んでもらった理由がわかりました」

   中谷文彦アナが「シングルマザーは108万人と増加しています。これは死別も含めての数字で、ある日突然にシングルマザーは誰でも起こりうる事なんです」と、彼女らの困窮ぶりの実態を紹介した。

年収は一般世帯の半分以下で毎月赤字

   シングルマザーで一番大変な事は生活費だ。おととし(2010年)離婚したゆきえさん(仮名・36歳)は長女(2歳)を抱えて現在失業中だ。「就職先で面接中にシングルだと言うと、『残業は無理ですよね』『休日出勤も無理でしょう』と言われて…。仕事をしたいので子供を保育園に入れたいのに、保育園は仕事をしていないと申し込む事ができないんです」

   ゆきえさんの収入は児童扶養手当4万1500円と児童手当1万5000円の合計で5万6550円。支出は切り詰めても7万6000円かかり、月々2万円の赤字になる。「赤字分は結婚前からの貯金を取り崩しで凌いでいますが、すでに限界です」とため息をつく。

   中谷アナが母子家庭の困窮ぶりを数字で示した。「日本全世帯の年収の平均は564万円ですが、シングルマザーではこの半分以下の212万円。児童手当などを除いて、実際に働いて得た就労年収は171万円にすぎません」

社内母子寮と保育所備えた老舗旅館「加賀屋」

   そうしたシングルマザーの困窮を支援する取り組みも始まっている。神奈川県川崎市に3月(2012年)にオープンしたシングルマザー専用のシェアハウスでは、20~30代のシングルマザー5世帯が共同生活をしている。家事や子育てを協力し合えるので人気となっていて、家賃は6万5000~7万円に共益費2万5000円で8世帯まで入居可能だ。石川県和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」は職場から5分の所に独自に母子寮と社内保育園を作り、仲居たちが働きやすい環境を整えている。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中