「猫ひろし」さてどうする? 「日カンボ国際タレント」という手もあるゾ

印刷

   カンボジア国籍を取得してロンドン五輪マラソン参加を狙った猫ひろしだったが、国際陸連からあっけなく拒否された。五輪参加資格を満たしていないというわけだ。国籍変更選手が参加するためには、「国籍取得後1年が経過していない場合は(1)連続した1年の居住実績(2)国際陸連理事会による特例承認のいずれかが必要」とされていて、猫はノーと判断された。

   司会の羽鳥慎一は「1回は決まって応援していたのに」と残念がったが、コメンテーターの松木安太郎(サッカー解説者)は「彼は素晴らしいが、彼よりもいいタイムで五輪を目指しているカンボジア選手もいるんで、そういうことも考えてしまう」とアスリートらしいコメントをした。

所属事務所「まだ正式な知らせないので…」

   中国のメダル有力選手が各国チームに入り込んでいる卓球のケースもあり、五輪参加資格が厳格になるのもやむを得ない状況にある。そうした空気を読めずに、独断で決定したカンボジア陸連の勇み足ともいえるし、そこを詰めなかった猫も甘かった。

どうするの?

   所属事務所にはまだ正式な知らせがないとかで、猫のコメントはなかったが、羽鳥は「国籍をそのままにして『国際タレント』で活躍するのか、次の五輪を狙うのか、どうするんでしょうね」と話す。五輪参加の夢が消えたからといって、ファンもできたらしいカンボジアとの繋がりは消さない方がいい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中