東電「新料金プラン」 午後は高く、夜は引き下げ―新手の値上げ策?

印刷

   7月(2012年)から家庭向け電気料金の値上げ(平均10.3%)を計画している東京電力が、昼間は高く夜間は安くする変動料金制の導入を検討しているという。新料金プランは予想される今夏の電力不足に対応し、電力使用量のピークを平準化しながら、併せて一般家庭の節電も誘導しようという狙いだ。値上げへの反発を和らげようという思惑も透けて見える。

時間帯別変動料金システム

   値上げの具体的な内容はまだ見えてこないが、すでに実証実験を行っている九州電力の時間帯別変動料金システムが紹介された。北九州市八幡東地東田地区で行われている実証実験で、各家庭に時間ごとの電気使用量が分かるスマートメーターが設置され、システムとしては成功しているという。

値上げは前提!?

   それによると、基本料金を1時間当たり1キロワット20円に設定し、電力使用のピークとなる午後1時から4時の3時間は50円と高くし、午後10時から翌日午前8時までの10時間は8円に引き下げる。それ以外の午前8時から午後1時までと、午後4時から午後10時までは基本料金通り20円だ。これだと安い時間帯に家事を集中させ、昼間は外出という節約の手もありそうだが、深夜に掃除や洗濯というのもいかがなものか。また、昼夜を問わず冷凍・冷蔵が必要な精肉店など生ものを扱う食料品店は手の打ちようがない。

発送電分離、地域独占改革はどうなった!

   スタジオに1個174万円(3分の1は国が補助)もする蓄電池を持ちこんで節電を呼びかけたが、コメンテーターの松木安太郎(サッカー解説者)に「電気料金払うのとこれ買うのとではちょっとねえ。もっと安ければいいけどね」と一笑に付された。

   東ちづる(女優)は「そもそも電気料金値上げという前提ですかね?」と突っ込みを入れ、「なぜこうなったか、どのくらい電力が不足しているのか、もうすこし丁寧に説明してほしい。原発再稼働の強い意志は伝わってくるのですがね」と言う。

   宇治原史規(タレント)「何かもやもやしている。電力供給が元に戻った時には値上げした料金も戻すのか。政治家が何も言わずにうやむやに進んでいる」

   東電はトップ人事を行っただけ。発電会社と送電会社を分ける「発送電分離」や電力会社の「地域独占」など何の改革も決まっていない。まず値上げというのでは順序が逆だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中