小沢控訴「無理筋」―逆転難しいが大人しくさせておく政治的判断?

印刷

   小沢一郎・民主党元代表の無罪判決を不服として、検察官役の指定弁護士側はきのう9日(2012年5月)、「判決には見過ごすことができない事実誤認がある」として東京高裁に控訴した。このため、小沢の無罪は確定せず、高裁で審理が続くことになった。

前原政調会長は「待ってました」か…

   控訴に政界も反応した。小沢に近い鳩山由紀夫元首相は「控訴をするとは想像していなかった。驚いた」と批判し、反小沢の前原誠司・民主党政調会長は「日本の裁判は三審制。推移を見守りたい」と納得したようなコメントだった。

上司と部下の関係

   若狭勝(元東京地検特捜部副部長・弁護士)がゲストとして登場し、休み中のみのもんたに代わって司会をつとめている井上貴博アナが、「1審では元秘書による虚偽記載が認定され、小沢被告と元秘書の間に政治資金収支報告書の記載をめぐる報告・了承があったことも認められました。でも、共謀があったかどうかは認められず、無罪となりました。これはどういう事なのでしょう?」と聞いた。

   若狭「ここに上司と部下がいて、部下が取引先とトラブルを起こした。そこで、部下は上司にトラブルを報告して、話をつけてくるからと取引先に向かった。でも、話し合いは折り合わず喧嘩となり、取引先にケガを負わせてしまった。このとき、上司も部下と同じく傷害罪に問うことができるかです」

   井上「控訴審での新たな証拠が提出される可能性はありますか」

   若狭「検察の捜査でも共謀関係を立証することは無理だと不起訴にした。新たな証拠が出されるとは考えにくい」

野党は証人喚問要求

   北川正恭(早稲田大学大学院教授)は政局への影響に言及した。「野党は小沢氏の証人喚問を求めて厳しく追及してくるでしょう。小沢氏も苦しい立場に追い込まれるが、野田政権も苦しくなる。野田総理が掛け値なしで取り組むとしている消費税増税法案は通らない可能性が出てくる」

   しかし、小沢は1審裁判中も証人喚問に応じなかったし、ましてや控訴審判決が出るまでは「無罪」の身だ。控訴されたからといって、証人喚問に応じるとは考えられない。相変わらず、消費増税反対を声高に叫ぶだろう。小沢をおとなしくさせるために、裏で控訴を仕組んだということはないのかな。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中