東国原英夫「猫クンはカンボジアに住み、カンボジア人になれ」

印刷

   タレントの東国原英夫が5月10日(2012年)、カンボジア代表としてロンドン五輪に出場できなくなった猫ひろしについてツイッターで意見した。

   「今回の猫君の件は、国際規約・ナショナリズム・国民感情等が絡む問題だけにそう簡単では無いでしょう。」とした上で、もし4年後の五輪を目指すのであれば、「今後彼はカンボジアに住むべきでしょう。名実共にカンボジア人になり、カンボジアを愛し、カンボジア国家に貢献してこそ次のステージが見えて来ると思います。」とアドバイスした。

   このツイートに「その通りだと思います。今の状態で出場しても余り気持ち良くない。」「今回の決定は当然でしょう。猫氏は相手の立場になって考えることが必要だったのでは。」などの意見が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中