「朝日新聞・若宮主筆醜聞」反朝日の週刊文春と社内批判派がタッグ?

印刷

   5月9日(2012年5月)の「朝日新聞」朝刊第2社会面の「週刊文春に朝日新聞社が抗議 主筆関連記事をめぐり」を見て、さっそく文春を読んでみた。当該記事は「朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞」。主筆とは朝日新聞の社論を決める最高責任者だが、若宮(64)の経歴も華々しい。父・若宮小太郎は朝日新聞政治部記者を経て鳩山一郎元首相の主席秘書官を務め、彼も東大法学部を出て1970年に朝日新聞に入り、主筆まで上り詰めた人物である。

   その若宮が主筆に就任する前の08年2月、中国に出張する際、女性秘書を同行させ、しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していたというのだ。このことが後日、社の内部監査室による調査で発覚して、若宮もそれを認めて全額を会社に返済したというのである。しかも、この出張が若宮の本の記念パーティを中国側が開いてくれるためだったということも、文春としては我慢ならないようだ。この女性秘書は50歳前後の既婚者。若宮との「関係」を朝日の幹部がこう明かしている。

「社内ではお局様的な雰囲気ですね。しかし、最近、『お客様本部』に配転されたと聞いています」

   若宮が急な葬式に出かけるときなど、いそいそとネクタイを締めてあげたり、いわゆる職場妻のような雰囲気だったとも話している。

   こうした疑惑に対して、若宮はおおよそこう答えている。女性秘書は内勤なので海外出張は認められない。そこで慎重に例外措置としてやっておけばよかったのに、やらなかったことは素直に認めている。秘書の交通費、宿泊費など数十万円を会社に返済したのは事実。彼女を連れて行ったのは、本の出版に関していろいろやってくれていたし、向こうへ行っても日々の社説は書いてFAXしなければならないので、行ってもらおうとなったのだと説明している。

   「同じ部屋に泊まったのでは?」という不躾な質問には、「そんなやましい気持ちがあれば、そんなところに連れて行くわけないじゃないですか、逆に。そうでしょう?……まあ、自分の不徳の致すところです」と否定している。

   文春は、若宮を招待した「中国人民外交学会」は中国外交部の別働隊で中国政府そのものだから、そんな招待に乗る若宮は中国にとって都合のいい人間で、「若宮氏は中国という独裁国家との距離、公私の峻別を含め、自らの言動に細心の注意を払うべきではないか」と結んでいる。

   内容的には、石原都知事の尖閣諸島購入を批判し、靖国問題などで中国側に与する論を展開してきた若宮主筆を牽制しようと考える文春と、朝日新聞内部の批判分子がタッグを組んでまとめたという印象が強いが、若宮にもケアレスな行動があったことは事実だろう。こうした情報が流れるのは、社内に反若宮派がいるからであろう。社内の反若宮派を押しのけてこれまで通りの論調を貫けるのか、若宮主筆の覚悟と力量が問われている。

宮沢りえ亭主フィリピンパブで愚痴「ハワイから帰ったらもぬけの殻」

   恋多き女・宮沢りえが亭主と別居し、離婚への話し合いを進めていることが話題になっている。騒動のきっかけをつくったのは5月9日発売の「週刊新潮」である。

   「宮沢りえの夫がぼやく不同意別居と離婚」という記事で、サングラスの有名ブランド「オークリー」のマーケティングを担当し、ハワイを中心に活動している夫とりえの間にすれ違いが生じていると書いている。今年2月頃、浅草のフィリピンパブに来ていた亭主がこう語っていたというのだ。

「かみさんが……りえがいなくなったんだよ。このまえ、ハワイから帰ってきたら、りえが娘を連れて、家を出て行っちゃったんだ。俺の荷物だけ残して、あとはもぬけの殻さ」

   理由はその店の関係者がこう語っている。

「収入の格差と、ハワイと日本を行き来するヒロさん(亭主=筆者注)の『二重生活』に、彼女の方が嫌気がさしたから、と聞きましたね」

   写真集「Santa Fe」で素晴らしいヌードを披露してくれたのが18歳。それから20年以上が経った。女優としてもう一皮むけるのにはちょうどいい時期なのかもしれない。アラフォーの熟れたヘア・ヌードも見せてほしいものだ。

塩谷瞬「体中噛みついて中出し」女漁りに走らせる辛い過去

   二股交際でブレークしている俳優・塩谷瞬(29)だが、これをスクープしたのは「フライデー」だった。そのフライデーと文春が、塩谷と付き合っていて「歯形が残るほど噛まれた」女たちを登場させ、塩谷とのセックスの話をさせているが、いやはやこの男、俳優としてはともかく、スケこましとしては一流のようだ。

   内容はほぼ同じだが、セックスの最中に噛まれた歩美さんなる女性のふくらはぎが写っている分、フライデーの勝ち。恵比寿のキャバクラで働いていた玲子(27)が、塩谷と別れようと思ったのも噛み癖だった。

「肩、太腿、ふくらはぎに噛み付いて、『痛いからやめて』と懇願しても、なかなか口を離してくれない。歯形が黒く残り、1週間以上消えず、隠すのが大変でした。そんな時、セックスで中出しまでされてしまって」

   歩美(29)もセックスの最中に噛まれたという。

「挿入はいつもナマで、下腹部に出してフィニッシュ。セックス自体は淡泊で、いつも1回かぎりだったので、きっと性欲が強いわけではなく、寂しがり屋で一人でいられないタイプなんでしょう」

   塩谷は小さい時分に両親が離婚し、母親の名前も知らずに育ち、父親も多忙で家に帰ってこなかったために食事も十分にとれず、路上で倒れてしまったことがあるという。愛情に飢えていた子ども時代を取り戻そうと、せっせと女漁りをしているのだろうか。思えば可哀想な奴なのかもしれない。

横浜DeNA最下位でも石川雄洋は熱いぜ!テレ東人気アナとお泊まり愛

   同じフライデーがテレビ東京の看板アナ・秋元玲奈(26)が横浜DeNAの主将・石川雄洋(25)と熱々で、お泊まり愛&同伴出勤をしていると報じている。秋元は姉がフジテレビの「ニュースJAPAN」でキャスターをしている秋元優里(28)で、父親は外務省のキャリア外交官というエリート一家。

   目黒区にある石川の高級マンションに入った秋元は、翌日、二人で出てきて車で国道246号を神奈川方面へ走る。横浜スタジアムの近くで降りた秋元は、球場の「関係者入口」へ向かい、石川も同じ入口へ。ナイショの同伴出勤である。フライデーが見た限り、ほぼ週一ペースで石川の部屋でお泊まり愛を続けているという。中畑清監督、この二人は「熱いぜ!」

   最後に「週刊女性」の記事を紹介しておく。田中好子は昨年惜しまれて亡くなり、夫・小達一雄はテレビや週刊誌に出て妻のことを今でも忘れられないなどと「美談」を語っているが、実は田中の生前からほかの女性と付き合い、子どもまで成しているのだ。田中と小達が一緒に暮らしていたマンションに人影はなく、都内の高級マンションで彼女と子どもと3人で暮らしていることを週刊女性は突き止め、二人の写真も撮っている。

   こうした情報が出るのは、妻の田中好子と親しく、妻を裏切り続け、いまもなお妻の威光を利用してメディアに出る小達のことを許し難いと思っている人間がいるのだろう。「微笑みがえし」ではなく、成仏できない田中好子の「意趣返し」なのかもしれない。おおー怖!

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中