五輪金メダルに一番近い男!バドミントン田児賢一って知ってた?

印刷
「恥ずかしい話ですが、名前も知らなかった」

   金曜日恒例の「週刊人物大辞典」コーナーで、司会の羽鳥慎一がこう切り出してバドミントンの田児賢一選手(22)を取り上げた。どんな選手なのか。バドミントン全日本総合選手権の男子シングルスで4連覇中で、全英オープン(2010年)準優勝の実績を持ち、ロンドン五輪で最もメダルに近い男だという。

全英オープンで世界ランク1位破って準優勝

   田児が日本のバドミントン界のトップに躍り出たのは、08年の全日本総合選手権大会の男子シングルス決勝だった。全日本総合選手権4連覇のエース、佐藤翔治選手(当時26)を相手に、初速400キロを超えるスマッシュをコントロールする多彩なショットで佐藤を翻弄し、史上最年少19歳で優勝した。

エネルギー使う

   世界を驚かせたのは、その2年後に行われた全英オープン(2010年)の男子シングルス準決勝だ。元世界ランク1位の中国の鮑春来選手(当時27)を変幻自在のプレーで破り決勝進出した。全英オープン男子シングルスで日本人が決勝進出したのは44年ぶりで、その華麗なプレーは「中国人のファンさえも、質の高いプレーに拍手を送っています」と実況されたほどだったという。

母親は全日本10回優勝の米倉よし子選手

   平成元年生まれ。両親もバドミントン選手だった。とくに母親のよし子(旧姓・米倉よし子)は、全日本総合選手権で10回優勝している実力者。その母親に練習場に付き合わされ、2歳からバドミントンを始めた。哺乳ビンより先にラケットを持たされた感じだが、母親から技術指導を受けたことはなく、すべて見て覚える独学だった。

   元バドミントン日本代表で、練習場にやってきた田児のオムツを替えたこともあるという陣内貴美子は、「ケン坊のフォームは3歳から全日本クラスでした。同じフォームからいろんなショットが打てるんですよ。今の日本でそういう選手はないですね」と話す。

   そんなことができるのは、手首の使い方が巧みだからだ。振り降ろすショットが同じ軌道でも、手首のひねり方でシャトルコック(コルクに羽根をつけたもの)は正反対の方向へ跳ぶ。

   羽鳥は「いや~、すごいですね。ぜひロンドン五輪で注目しなくては」

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「野球やサッカーの選手は試合中に止まっていられるが、バドミントンは止まる時がない。1試合当たりの消費エネルギーは一番でしょうね」

   野球選手時代はプレー中に結構休んでいたのかもしれないが、ポイントちゃんと見ている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中