園山真希絵が意味深なつぶやき 「苦くても粘り強い人生に」

印刷

   「二股騒動」で時の人となった料理評論家・園山真希絵が、5月11日(2012年)のブログで現在の心境を語っている。

   本職の料理にからめ、「私の人生は、スクランブルエッグwith納豆~時々青汁~」 と自嘲気味につぶやいた。その意味は、次のようなことだそうだ。

「美味しい栄養満点スクランブルエッグと、粘っこい納豆と、苦いけど、体にはとてもいい青汁、って人生もいいんじゃないかなって思います。だからこれからも、粘り強く、より良く発酵し続けながら、身もココロも喜ぶスクランブルエッグ&納豆(時々青汁)人生を、美味しく楽しみながら送ります」

   そして、意味ありげに、「ふと、『人生は恐ろしい冗談の繰り返し』って言葉を思い出しました。『確かに』って思う台詞ですが(苦笑)」 とつぶやいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中