ガガを追っ掛けて3日間―きのうはスカイツリー展望台でお尻丸出し

印刷

   神出鬼没のレディー・ガガを追ってレポーターの阿部祐二がきのう15日(2012年5月)も走り回った。ツイッターをウォッチしていた午後5時、 「スカイツリーに行く」というのが飛び込んできたのだ。「阿部さん、入りました」とスタッフの声。やらせ映像に決まっているが、阿部がパソコンをのぞき込む。「大変だ」と車に飛び乗るくさい演技。ビデオを見るスタジオのキャスター・テリー伊藤が大笑いしてる。

「夜景楽しみだったけど雨です。アイシテマス、ジャパン」

   それはともかく、ガガの方から追っかけて、東京スカイツリーの展望台で記者会見するという連絡が入った。しかし、上にのぼれるカメラは各社1台だけ。日本テレビはOKでも「スッキリ!!」の独自映像は撮れない。そこで阿部は、浅草にある東武ホテルレバント東京の23階、地上100メートルという展望室にのぼった。しかし、のぼってはみたものの、生憎の雨でスカイツリーはよく見えない。そこへ「ガガが着きました」と電話連絡が入る。

好奇心旺盛

   スカイツリーの天望デッキに現れたガガは、アルミ箔だろうか、立体的に組み立てたドレスで、SF映画にでも出てくるような、あるいはジャンヌダルクの鎧のような衣装で、サングラスはゴーグル風。

   カメラのライトの中で、「日本の皆様にお礼を申し上げたい。最高の時を過ごしています。公演が売り切れとなって、夢がかないました」と、まずはお礼をというわけ。次いで、「最後の夜にスカイツリーからの夜景を楽しみにやってきました。雨ですが、生まれて初めての景色です。皆様のおもてなしに感謝します。アイシテマス、ジャパン」。そういってまた雨の中を去っていった。

「日刊スポーツ」が撮ってた後ろからのショット

   まあ、精力的だ。日本の3回の公演の合間に、東京ディズニーランド、六本木、原宿・竹下通り、そしてスカイツリーと現れた。

   司会の加藤浩次「レディー・ガガがいちばん疲れたでしょうね」

    阿部がここで「日刊スポーツ」の写真を紹介した。テレビでは正面の姿しかなかったが、ニッカンはガガの後ろ姿を撮っていた。なんと、スカートの後ろがはねあがった形なので、黒いタイツのお尻が丸見え。普通のタレントなら大騒ぎだろうが、ガガだと当たり前に見えるから不思議だ。

   大沢あかね(タレント)「本当にお疲れだろうに、好奇心が旺盛というか、わたし同い年なんですよね。すごいなぁと思います。見倣いたい」

   加藤は「(出歩くのが)好きなんでしょう」

   テリー「あかねちゃんが言ったように、好奇心ですね。どんどんいろんなところへ行く。これ嬉しいよね」

   ガガはきょう台北へ移動して明日は公演がある。そのあとも、10月までスケジュールがびっしりなのだそうだ。それはともかく、もうしばらくは阿部の顔を見たくない気分だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中