2018年 7月 20日 (金)

ドコモ今夏の目玉新機種「らくらくスマホ」どこが中高年にやさしいの?

印刷

   猫も杓子もスマートフォンなこのご時世。番組によると、この夏のケータイ商戦も「スマホが圧倒的に主力。どんどんターゲットを広げようとしている」(田中大貴アナ)そうである。

アイコン大きくゆっくり確実操作。料金も4割引

   NTTドコモの今夏モデルには「らくらくスマートフォン」なるものが登場した。「中高年にやさしいケータイ」(番組のキャプション)なんである。どこが楽なのかといえば、まずタッチパネルのアイコンが大きく、日本語で「電話」「電話帳」「インターネット」などと大きな文字で書いてあり、わかりやすい。また、アイコンはボタンのように指でしばらく押し込んで、はじめて動作する。その際は振動と音でお知らせしてくれるとあって、ゆっくり確実、安心な操作が可能である。

指痛くなる

   そればかりか、料金もお安いのだ。らくらくスマホ専用の通信料プランがあり、通常のスマホ4割引きの2980円だそうな。

   ところで、この番組で中高年~高齢者代表的立場にある芸能リポーターの前田忠明は、すでに2年前からスマホを導入しているそうな。そうと聞いた司会の小倉智昭は「大丈夫? コッチ(らくらくスマホ)のほうがいいんじゃないか」などと水を向けたが、前田は「パネルをギュッと押さなきゃいけないんじゃ、メールやってるときに指先痛くならないか」などと懐疑的であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中