「知りたがり!」視聴率悲惨―究極のKY住吉美紀のままテコ入れムダ

印刷

午後2時に移行後の「知りたがり!」(フジテレビ)2012年5月11日14時~

   打倒「ミヤネ屋」を目指して午後2時の放送に移行後、当番組の視聴率が悲惨なことになっている。だから言わないこっちゃない。動機が不純な上に、NHKでも嫌われ者だった住吉美紀をサブキャスターにするなどとは、フジの感性も鈍くなったものである。住吉美紀は何故NHKのアナウンサー試験に通ったか疑問に思えるほど感じの悪いアナであり、本人だけが優秀と錯覚している人である。放送中、住吉の方にはメインの伊藤利尋アナもほとんど向かず、多分スタッフ内でも既に浮いているのではなかろうか。KYの典型だ。
   この日の内容は家電量販店ビックカメラの合併についてが最初の話題、「教えてー」と解説者を呼んではいるが、ほとんど伊藤アナが1人でペラペラしゃべる。2番目がギリシャの総選挙についてで、いかにも軟派の「ミヤネ屋」と差別化しようとの意図が見え見えだが、主婦族がギリシャの混乱にそう関心があろうとも思えない。ちなみに「ミヤネ屋」では幼稚園女性教諭の行方不明事件である。若い母親族の重大関心事だから、視聴者はそちらを見るはずだ。
   もう1人の司会者、ロンブーの田村淳も何故重宝されるのかわからない。お笑い系のタレントにエラソーにコメントされて抵抗感のない主婦が多いとは思えない。フジは近頃やることなすことピント外れ、住吉美紀がサブキャスターでいる間はどんなテコ入れも有効ではない。いっそシッポを捲いて2時の放送から撤退すれば?

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中