2018年 7月 20日 (金)

長谷川博巳 NHK大河「八重の桜」で綾瀬はるかの最初の夫役

印刷

   来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主演・綾瀬はるかの最初の夫・川崎尚之助役に長谷川博巳が決まった。物語は明治時代の教育家で、新島襄と同志社大学を設立した会津出身の元祖ハンサムウーマン、山本八重(旧姓)の生涯を描くもので、川崎は八重と結婚して、戊辰戦争ではともに鶴ケ城に籠もって新政府軍と戦うが、落城後に離婚する。離婚の理由はハッキリせず、八重はその後に新島と再婚する。

   長谷川は東京生まれの35歳。文学座出身で、蜷川幸雄演出の舞台に数多く出演している。NHKの「セカンドバージン」や日本テレビ系の「家政婦のミタ」で人気となった。いずれも不倫関係にある相手女性に戸惑う役で、男勝りの八重の夫役も、そんな男として演じるのだろうか。八重の兄役には西島秀俊が決まっている。新島襄役は未定。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中