2018年 7月 18日 (水)

金環日食で異常行動!?カンガルー喧嘩したり、象がプールに入ったり…

印刷

   日本の各地でけさ21日(2012年5月)7時半ごろに見られた金環日食では、動物の「異常行動」も注目の的であった。なんでも1984年に米国で金環日食があったときには、チンパンジーがおびえるなどの行動が観察されていたそうで。

動物園側は「とくに異常ということはありません」

   よこはま動物園ズーラシアは、金環日食とともに動物を観察する趣旨で特別に早くから開園。番組もリポーターを送り込んだ。すると、カンガルーが駆けだしたり、ケンカしたり、いつもなら11時にプールに入る象が金環日食の最中にプールに入るなど、異常とも思える行動が見られたという。が、園側ではとくに明確な異常とは捉えてないという。

なんらかのパワー

   番組司会の小倉智昭は、かりに動物が異常な行動をとったとしても、それは人間が多数集まり、金環日食を見て騒いだせいかもしれないと指摘。約30年前の報告についても、「本当に金環日食でそうなったのか。動物とは話せないし、(真意は)誰にもわからない。地震の前に動物が騒ぐというのと似ているのでは」などと疑問を投げかけた。

   そんなミスバスター・オグラに対して、コメンテイターの真鍋かをりは「今日は金環日食で新月でもあるから、なんらかのパワーがあるかもしれない」と月の神秘的な力に関心を示していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中