休養中の声優・後藤邑子「自己免疫疾患で入院。短くても2か月半」

印刷

   体調不良による休養が発表されていた声優・後藤邑子は5月19日(2012年)、自身のブログで「自己免疫疾患」のため緊急入院すると報告した。後藤はアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の朝比奈みくる役などで知られている。

   約1年間の体調不良が続いていて、事務所の勧めもあり病院で検査をしたところ緊急入院することになったという。病気については「おおまかに言うと自己免疫疾患です。自分の免疫細胞が自分の体を攻撃して壊してしまう病気。私は心臓と肺と血球がやられてしまっていました。入院期間は最短で2ヵ月半になるそうです。」と説明した。放送日が決まっているアニメと、発売日が決まっているゲームは降板するという。

   ファンや関係者に向けて「難しい病気だけど絶望的なものではありません。少しだけ安心してください。」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中