2018年 7月 22日 (日)

休養中の声優・後藤邑子「自己免疫疾患で入院。短くても2か月半」

印刷

   体調不良による休養が発表されていた声優・後藤邑子は5月19日(2012年)、自身のブログで「自己免疫疾患」のため緊急入院すると報告した。後藤はアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の朝比奈みくる役などで知られている。

   約1年間の体調不良が続いていて、事務所の勧めもあり病院で検査をしたところ緊急入院することになったという。病気については「おおまかに言うと自己免疫疾患です。自分の免疫細胞が自分の体を攻撃して壊してしまう病気。私は心臓と肺と血球がやられてしまっていました。入院期間は最短で2ヵ月半になるそうです。」と説明した。放送日が決まっているアニメと、発売日が決まっているゲームは降板するという。

   ファンや関係者に向けて「難しい病気だけど絶望的なものではありません。少しだけ安心してください。」と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中