スカイツリー「とくダネ!」中継ドジ―非開放エリアで「あれっ、人が並んでない」

印刷

「これが本当に今日オープンのスカイツリーなのか。不思議でしょうがない」

   けさ22日(2012年5月)8時すぎ、正午オープンの東京スカイツリー正面入り口(4F部分)から中継した笠井信輔アナは、目の前の信じられない光景に驚くことしきりであった。

オープン4時間前になっても目立つのは規制のコーンだけ

   あいにくの雨と風で、気温は3月上旬の寒さ。展望台は雲の中。そして入口前はガランとして、あろうことか人っ子一人いないというのだ。濡れた地面と行列を規制するためのコーンばかりが目立っていた。

不思議な光景

   悪天候に加えて、入場チケットはとうに売り切れであること、そして整理券が配られた――ことがその原因だという。それにしても、この数年、十年に1度級の新施設オープンの4時間前で、誰一人待っていないなんてこと、あるだろうか。

   10時の番組終了直前に笠井は「4F入口は一番最後に人が入るエリアだったようです」と、少々バツが悪そうに伝えた。番組は当時、一般には未開放のエリアでカメラを回して、待ち人来たらずと不思議がっていた可能性が示唆された。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中