しずちゃん「2年後の世界選手権、4年後の五輪ギリギリだけど目指す」

印刷

   きのう23日(2012年5月)に行なわれたYU-Aのニューアルバム「DREAM」の発売イベントに南海キャンディーズが登場した。 しずちゃん・山崎静代(33)がキャンディーズで登場するのは1か月半ぶりだ。アルバムの中の「Hey Ladies!」がシズちゃんへの応援歌で、ボクシングの映像が使われている。

   「応援ソングをどう思いますか」と聞かれて、「やっぱりうれしいですね。応援歌なんて初めて。それだけ私が魅力があるのかなって」。これに山ちゃんが「打たれ過ぎたのか?試合で」と突っ込みを入れたもんだから、しずちゃんが1発食らわせるシーンもあった。

北京大会・2回戦完勝で各国選手「ヤマザキマーク」

   そのしずちゃんが4年間ともに歩んできた梅津正彦トレーナーも登場した。

続ける気持ちある?

   司会の加藤浩次「世界で1勝したってのは、すごい」

   キャスターのテリー伊藤「記録に残りますから。オレたち死んでも残る」

   加藤「こんなことになるとは思ってなかったでしょ。どういう心理?」

   しずちゃん「ロンドン五輪で種目になるというのが…」

   梅津トレーナーとの出会いは2008年6月で、ボクシングがテーマのドラマで演技指導を受けたことだった。はじめは健康のためにボクシングをしていたのだが、昨年5月にオリンピックの強化メンバーになってからがらりと変わった。1日に6時間、ロケ先でもトレーニングは欠かさず、二人三脚で励んできた。今年2月には全日本選手権で優勝。しかし、その直前に梅津がガンの告知を受けたが、入院を先送りにしてオリンピックを目指してきた。うまくいかず涙を流すしずちゃんに、「泣いたってうまくならないよ」という映像もあった。しかし、先の世界選手権(中国)で3回戦突破はならなかった。

   成田空港での会見では「エピソード1、2は終わった。3をどうするか」と笑っていたしずちゃんだが、試合後はトイレで号泣していた。廊下にうずくまるしずちゃんを、梅津が「オレの作戦ミスだ」と慰める映像もあった。梅津は「中国で1勝したあと、各国の監督がヤマザキをマークしていた」という。

   加藤「あの怪物は何だと」(笑い)

   テリー「最初は子どもみたいなボクシングだったけど、2回戦はすごかった」

   加藤「どのへんで変わりました?」

   梅津「現地(中国)へ入ってからですね」

   加藤「エーッ、どう変わったの」

   梅津「メンタルです。それまではぼろぼろ泣いたり、カベに頭ぶつけたり。それが現地へ入ったら、練習見てても『これがしずなのか』と変わった」

   しずちゃん「それまで葛藤があったのが、中国へ入ったら開き直れた。でも、負けたのは自分を出す前だったから、もう悔しくて」

ボクシングやってるから山ちゃんと仲いい。「気持ち悪いけど…」

   加藤「いま、ボクシングを続ける気持ちはあるの」

   しずちゃん「あります」

   梅津「翌日、部屋で休んでるかと思ったら、走ってた。スパーリングを約束しちゃったからと」

   テリー「2年後に世界選手権がある」

   しずちゃん「35歳でギリギリだけど、 あの(負けた)ドイツ選手を倒したい」

   梅津「そんなこと初めて聞いたぞ」(笑い)

   梅津トレーナーは間もなく入院するが、「ワーッとやっていると、病気のことは忘れ る」といっていた。

   加藤「オリンピックは?」

   しずちゃん「これもギリギリですね」

   加藤「キャンディーズの相方、山ちゃんのことは?」

   しずちゃん「気持ち悪いだけ」

   ロードワークはしているし、「ボクシングやってから、山ちゃんとすごく仲良くなってる」(梅津)そうだ。まだまだやる気十分と見た。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中