沢尻エリカ病状深刻!大麻中毒?前事務所「やめられない」と契約解除

印刷

スペインでも愛人男らとマリファナパーティー

「平成21年9月10日に本人の同意のもと薬物検査をしたところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条に該当することによるものです」

   これは「週刊文春」の巻頭特集「衝撃スクープ 沢尻エリカは大麻中毒」の中にある、沢尻の前所属事務所が彼女を契約解除した理由の一つに挙げている項目である。

   沢尻(26)が5年ぶりにスクリーン復帰を果たした「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督・7月14日公開予定)は、過激なセックスシーンもふんだんにあることから、前評判は上々だった。しかし、彼女が体調不良を理由にPR活動を突然休止したことで、また彼女のワガママが始まったと喧しかったが、これも宣伝活動のための話題づくりではないかといわれていたのだ。だが文春は、沢尻の「病状」は予想以上に深刻で、それも原因は大麻にあるのではないかと、先の契約解除通知書を公表したから、騒動はさらに大きなものになることは間違いないだろう。

   沢尻が夫の高城剛とスペインに行っていたとき、「大麻インストラクター」と称する男と付き合い、大麻パーティに参加していたことなどを、その男(セルジオ)から聞き出している。男は沢尻がマリファナに詳しく、「アイソレート」というオランダのハシシ(大麻樹脂)のこともよく知っていたと話している。

   彼女の前の所属事務所は、俳優の押尾学や酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕、検挙されたために、事務所をあげて所属タレントの薬物検査を実施し、沢尻が大麻常習者だとわかって契約解除したというのである。酒井法子(41)が、後見人の建設会社会長が今月20日に死亡していたことが分かり、久しぶりにテレビに出て心境を語っていたが、この記事を読んでどう思うのだろうか。

   このところ文春の元気のよさが目立つ。前号では「松井一郎大阪府知事 裏口入学を告発する!」「野田聖子『奇跡の出産』の陰で献身夫『裏切りの二股愛』」「『報道2001』吉田恵と『トイレの神様』プロデューサーの不倫現場」と3本もスクープを放ったが、今週の沢尻エリカの記事も文春ならではのインパクトの大きい記事である。

   文春の元気のよさは部数にもはっきり出ている。11年の下半期(7月~12月)の部数調査(ABCランキング)が発表された。文春は約49万部、前期比103.24%でトップを維持している。2位の「週刊現代」が約43万部で伸び率は112.7%と大きいが、まだ6万部の差をつけられている。3位が「週刊新潮」で約39万部、「週刊ポスト」は110.31%と伸びてはいるが、約33万部と3誌に水をあけられている。6月1日(2012年)に、部数が低迷していた現代を大きく伸ばした鈴木章一編集長が交代して藤田康雄編集長になるそうである。

   ちなみに、「フライデー」は約19万部で103.51%、「週刊アサヒ芸能」が122.62%と大きく延ばして約12万部。「週刊朝日」は約13万部で89.31%、「サンデー毎日」は約7万部、86.8%と大きく部数を落としている。

6億円詐欺慶大生―ポケットに200万円札束、超高級ドイツ車運転手は父親

   新潮の注目記事は「6億円を集めて逃げた『慶大生』の華麗な生活」。この「事件」は、戦後の混乱期に東大生が引き起こしたヤミ金融事件、世にいう「光クラブ事件」を思い起こさせると冒頭で書いている。22歳の慶大生がどうやって6億円も集められたのだろうか。都内に住む43歳の会社経営者は、知人にも紹介して4人で3億5000万円投資したというから、6億円という数字は信憑性があるようだ。

   慶大生は東京・日本橋兜町に事務所を構え、コンピュータで東証1部上場企業の株を運用するシステムを開発し、元本保証の上に、必ず儲かると話して、投資させていたという。そんな話に騙される人間がまだいたことにも驚くが、「(慶大生は)財布を持ち歩かず、いつもスーツの内ポケットに200万円ほどを裸で忍ばせていた。『友達の誕生会で六本木のキャバクラを貸し切りにして、200万~300万円使った』『代々木公園で花見をした時、ドンペリなどのシャンパンを50本持っていったがほとんど飲まずに捨てた』『福島県の工場に投資しているため、東日本大震災以後はヘリをチャーターして東京と往復している』などと言っていました」(知人)という。

   車は4000万円は下らないドイツのマイバッハをはじめ、BMW、メルセデス・ベンツ、リンカーン・タウンカーなどを持ち、投資家たちに運転手付きで貸していたという。笑えることに、その運転手というのが慶大生の父親だったのだ。

   「事件」が発覚して、被害者たちが東京地裁に民事提訴すると、慶大生は秘書役だった女子大卒の子と海外に高飛びして、シンガポールからマレーシアにいるという情報がある。運転主役をやっていた父親は新潮の取材に対して、「息子がやったことですから、関係ありません。親であっても、親じゃない」などと訳のわからない弁明をしている。

   「光クラブ事件」は主犯の山崎晃嗣が服毒自殺して幕を閉じるが、平成版はどういうエンディングを迎えるのだろうか。

河本準一「生活保護疑惑」心配な行き過ぎ摘発で「偏見・差別」助長

   年収5000万円も稼ぐお笑い芸人「次長課長」の河本準一の母親が生活保護を受けていたことで、こんなことが許されるのかと現代、ポストが噛みついている。河本が売れない芸人だったときに申請して受給が認められたのだから、なんで止めさせられなければいけないのかと息巻く河本の身内側の反論で、さらに河本バッシングは激しくなり、母親は受給するのを止めたようである。

   このケースの場合は、息子が5000万円も稼いでいるのだから貧しい親を扶養するのは当然だと思わざるをえない。だが、現代の書いているように、生活保護というのは「保護してもらわなければ最低限度の暮らしも送れない、下手をしたら死んでしまう人だけに適用される、国家としての最後のセイフティネット」なのだが、そうなると昔のように、生活保護受給者=社会の最下層の人間という「偏見」や「差別」を助長し、もらいたくても世間の目が嫌でもらわずに我慢したための悲劇が、これから多くなりはしないかと心配になる。

   生活保護で国に養ってもらっているのだから、クーラーなどもってのほかという隣近所の白い目を気にして、猛暑の中、脱水症状で死んでしまった老人が多くいたことを忘れてはいけないはずである。不正受給を摘発することに熱心なあまり、「健康で文化的な生活」をする権利までも奪ってはいけないこと、いうまでもない。

   新潮にこんな記事がある。反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠が、このところ頻繁に大阪通いしているというのだ。湯浅はこれまでも、橋下徹大阪市長の政策を推し進めたら8割9割の人たちは切り捨てられると批判している。

「これまでに、反橋下陣営のほとんどの人たちとは会っているはず。7月頃から本格的に"反橋下"の活動を始め、11月上旬には集会などを連続で催して、大々的な反橋下キャンペーンを行う予定だそうです」(市政関係者)

   湯浅の活動の一つが、ホームレスや貧困のために飢えている若者に生活保護を申請・受給させる運動だった。私は、湯浅は近年希に見るいい意味でのアジテーターだと思っている。彼ならばハシズムに対抗できると密かに期待しているのだが。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中