菅前首相「国会で謝罪」福島原発事故の最大責任者は自分

印刷

   避難生活が始まって以来、その男性は「生きていても仕方がない」が口癖になっていたという。福島第1原発事故で警戒区域に指定された福島県浪江町に一時帰宅し、行方不明になったスーパー経営の男性がきのう28日、店近くの倉庫で首をつって死亡しているのが見つかった。馬場有浪江町町長は「爆発寸前にまでストレスを抱え込んでいる町民が多い。政府からは賠償問題や今後の生活について何の連絡もなく、このままでは同じ事件がまた起きる」と沈痛な表情で語った。

「事故を止められなかったことをお詫びしたい」

   福島原発事故直後、政府と東京電力はどう動いたのか。国会の事故調査委員会はきのうは当時の最高責任者・菅前首相を参考人招致して聴取をした。冒頭、菅は「事故を起こした最大の責任は国にある。国の責任者として事故を止められなかったことをお詫びしたい」と謝罪した。

後追いの連続

   奥平利彦リポーター「菅前首相は最初は穏やかな表情でした。でも、時間が経つととも瞬きが多くなり、手も激しく動かすようになった。感情的な人という印象を受けました」

   委員会は事故翌日の現場視察や当時の吉田所長との電話でのやり取り、原子炉への海水注入中断の指示などについて聞いた。北澤宏一氏(福島原発事故独立検証委員会委員長)は「内閣参与を増やすなどして、個人プレーが中心となっていたようだ。その結果、事故への対応が遅くなったと思われる」と分析した。

「最も安全な原発対策は脱原発だと思っている」

   司会のみのもんた「僕が首相なら、やはり現場に行く。でも、静かに作業を見守るだけで余計な口は挟まない」

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「事故が起きて以来、いろいろなことが次々と起こり、すべての対応が後手後手となった。後追いの連続だったことがよく分かった」

   三屋裕子(スポーツプロデュサー)は「一国の総理大臣だったのだから、統括する部分と指示する部分をもっと明確にして欲しかった。細かいところに拘りはじめると、そこから抜け出せなくなる」と話す。もっともな指摘だ。

   菅はまた「(原子力ムラ)が深刻な反省もないまま、原子力行政の実権を握り続けようとしている。最も安全な原発対策は脱原発だと思っている」と話した。

   事実の究明には東電サイドの証人招致が不可欠だが、当時の清水政孝社長、勝俣恒久会長、武藤栄副社長、吉田昌郎・第一原発所長らは、出席を拒んでいたり病床にあって実現していない。出席を拒み続けるならば、証人喚問に切り換えて呼び出すことぐらいはすべきだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中