あす「野田・小沢会談」ケンカ別れか、サプライズ握手か

印刷

   同じ政党に所属しているのに、まるでどこかの国の要人と会うような言葉が飛び出した。野田首相はあす30日(2012年5月)に小沢一郎・元民主党代表と会談するが、「お会いする以上は乾坤一擲だ。一期一会のつもりで説明したい」と語り、再会談を前提にせず、1回の会談で話をつけたいと強調した。まあ、決裂が大方の他の予想だが、サプライズの「握手」もあるかもしれない。

なんとも大袈裟な「乾坤一擲、一期一会」

   司会のみのもんた「乾坤一擲、一期一会とは凄い言葉が出て来ました。こういう言葉、今の若い人には理解できるかな」。潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)は「少し大袈裟過ぎる気がしますね。特別に外国の要人と会うわけではないのだから。小沢さんと野田総理の距離はどうなっているのだろう」

なぜ輿石さん同席?

   みの「なぜ、輿石幹事長が会談に同席するの」

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「小沢さんと野田さんでは直接的に話ができない。譲り合う余地がない。誰かを介してでないと会談が成立しないということです。それで、いわばお目付役として輿石さんが同席するわけです」

   古くから政界では、実力者同士が会談・密談するときは「見届け人」の第三者を入れる。後になって「言った言わない」や「密約の反故」を防ぐためだ。

立会人の輿石幹事長は「再会談もある」

   みの「輿石幹事長は会談にタイムリミットはないと語っているが」

   潟永「いまや野田さんと自民党の谷垣総裁との方が距離は近い。谷垣さんは法案に賛成して、その後に話し合い解散に持っていこうと考えている。そうはさせてなるものかとするのが輿石さんと小沢さん。それで、タイムリミットはないという発言になった」

   輿石は「タイムリミットがどこにあるということはない」として再会談もあり得るとの見方を示したが、輿石の腹の中は「消費増税法案の審議引き延ばし・採決先送りで党内対立に蓋」だ。

   党内対立は9月の民主党代表選挙で決着させ、秋の臨時国会で増税法案採決というシナリオなのだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中