兵庫県の山中で「カレーの匂いのする茂み」その正体は…

印刷

   兵庫県洲本市の三熊山で、ある「食欲を誘うにおい」がすると話題になっているそうな。それはカレー。「誰がかいでもカレー」「ほんまおいしそうなニオイ」(周辺住民)がするそうだ。

   匂いは山道脇の斜面の茂みからするらしい。ただ、常に匂うわけではなく、朝方や雨のあとなどだという。

ズバリ「カレープラント」というハーブか

   番組は現場で原因物質を特定するには至らなかったが、周辺の捜査を開始。近くにカレーを扱っている店などがないことを確認した。目下のところは、カレープラントなるカレーのニオイのするハーブが有力な容疑者とし、スタジオに持ってきて試臭会とあいなった。

中野はヒドイの…

   「うーん、モグラのニオイ!?」。中野美奈子アナが顔をしかめて謎めいた感想をもらすと、司会の小倉智昭が口を挟んだ。「(中野は)ヒドイんですよ。さっきはオグラのニオイ、加齢臭だって言ってたんですよ」

   謎のモグラの正体は、オグラの言い換え語だったのか。中野は「違います」とオグライジメを否定していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中