ハリウッド人気若手女優ヒロイン役争奪口撃「私にしかできない!」

印刷

   ハリウッドの人気若手女優、クリステン・スチュワート(22)とジェニファー・ローレンス(21)が、インディーズ系映画の役を巡ってバトルを繰り広げている。互いにおおっぴらに「あの役やりたい!」と言って「はばからない。裏には熾烈なハリウッドの新人女優の生存競争という現実が見えてくる。

クリステン・スチュワートとジェニファー・ローレンス

   クリステンは「トワイライトシリーズ」、ジェニファーは「ハンガーゲーム」の大ヒットで人気を争う2人だが、血眼になって狙っているのは「ソフィーの選択」などで知られるウイリアム・スタイロン原作でスコット・クーパー監督で映画化される「Lie Down in Darkness」のヒロイン。近親相姦なども絡む問題作で、高い演技力が要求される役だ。「絶対やりたいわ。とにかくこの役に惚れ込んでるの」とクリステン、ローレンスは「あれは私にしかできない役よ。監督に直訴したいくらい」とともに熱烈PRである。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中