アーモンドは凄い奴だった!美肌、老化防止、便秘解消…誤解しててゴメン

印刷

   高カロリーで「肥る」「ニキビの原因」と敬遠されがちのアーモンドやくるみ、ピスタチオなどのナッツ類だが、最近の研究で美肌や老化防止、ダイエット、便秘に効果があることが分かってきた。高橋さとみアナは「意外と知られていない美と健康の宝箱のナッツ。きれいな人はもう食べていますよ」と推す。どのくらいの効果が期待できるのか。

ナッツ類の油は健康にいいオレイン酸。1日手の平1杯ずつ5か月で…

★コレステロール低下

   アーモンドをペースト状にして火を点けると20分は燃え続ける。ナッツ類は油分が多いからだ。有働由美子キャスターは「だから高カロリーのイメージですよね」

   高橋アナ「でも、ナッツは健康にいい油なんです。アーモンドで見れば、100グラム中54・2グラムが油ですが、成分はオレイン酸。コレステロールを下げる効果があります」

★老化防止効果

   慶應義塾大学の井上浩義教授によると、「ナッツ類にはシワやタルミの原因となる糖化を防ぐ効果があります。老化を促進するAGEという物質の作用を、アーモンドなどで遅らせることができることがわかっています」

★1日25粒。食後に食べ続ければ美肌

   都内に住む竹原瑞穂さん(35)は、アーモンドを1日25粒、5か月間欠かさず食べ続ける実験を受けた。結果はAGEの値が降下し、肌は20歳代に若返った。

「毎日25グラムずつ、目安は片手の平にアーモンドを乗せた量です。これで中性脂肪もコレステロールも下がっていきました」

   井上教授は「食べ物の中の老化促進のAGEを減らすには、食後に食べるのがいいタイミングです」とアドバイス。

★便秘改善

   元バトミントン選手の陣内貴美子(48)は40歳の頃から毎日アーモンドを欠かさず食べ続けているうちに、便秘が改善されたと話す。「便秘がちで3~4日だったのが、アーモンドのおかげでいまでは毎日。しかも肌がしっとりしてきました」

   アーモンドの食物繊維はゴボウの2倍、さつまいもの4倍あるという。最も吸収されやすいのは、無塩で素焼き(油を使わずフライパンで炒る)のアーモンドだという。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中