「民自消費増税提携」急ぐ野田首相、自民党は次々ハードル

印刷

   「共同通信と毎日新聞の登場です」と司会のみのもんたが茶化した。「乾坤一擲・一期一会会談」が物別れに終わった野田首相がこれからどう動くのか、毎日新聞論説委員の与良正男と共同通信編集委員・柿崎明二が探った。

問責大臣更迭、マニフェスト撤回、解散・総選挙約束

   きのう31日(2012年5月)に開かれた小沢グループの会合で、小沢一郎・元民主党代表は「国民の理解と支持はわたしたちにある」と語った。井上貴博アナウンサーは「民主党は野党に消費税増税法案の修正協議を呼びかけています」と伝え、みのは「これは軸足を自民党に移したということですか」

できるのォ?

   与良「どうやら野田さんは小沢さんに見切りをつけたようです」

   柿崎「今後、急速な小沢離れが進むでしょう」

   井上は「修正協議に応じる条件として、自民党は問責大臣の更迭と衆議院の解散・総選挙の約束、政権交代マニフェストの撤回の3条件を出しています」

   みの「マニフェストの撤回なんてできるの」

   与良「自民党が強くこだわっているのは、マニフェストの中でも最低保障年金制度です。これだけは何としても撤回させたいと考えています」

民主党内は法案採決先送りモード

   柿崎「民主党の雰囲気として、法案の先送りモードに入っている。自民党の協力を得て法案を可決・成立させたら、次の選挙を戦えなくなると考えている議員が多いんです」

   みの「法案の採決を強行すれば、民主党離れはますます進むでしょう。輿石幹事長は何を考えているのでしょう」

   与良「その日を乗り切れればいい。亀裂が入っても党の分裂もなく、その日が無事に終わればと考えているようです」

   柿崎「法案の先送りです。いかにして法案の先送りを首相に呑ませるか。その一点だと思います」と答えた。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中