2018年 6月 21日 (木)

稲川淳二「前立腺がん。入院中はナースステーションで怖い話」

印刷

   タレントの稲川淳二が6月1日(2012年)、「私、前立腺がんだったんです。」とツイッターで明かした。

   稲川は3月12日にツイッターで「実は私、2週間程の入院をしまして、つい先日退院したところです。思いもかけない事でした」と報告していたが、「皆さんに心配かけたくなくて病名は伏せてました」という。「今は、いたって元気ですので、心配しないで下さいね」という。

   3月12日の一連のツイートでは、東日本大震災の被災者にふれながら、「生きる事というのは、本当に大変な事なんですよね」「入院生活での楽しみは、朝となく夜となくナースステーションへ行っては、恐い話をする事でしたね。・・・」と振り返っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中