内閣改造でも突破口見えない野田戦略―「小沢切り」「会期延長」の綱渡り

印刷

   司会のみのもんたが「やる前から物別れといわれてました」という。野田首相と民主党・小沢元代表 の2回目の会談がきのう3日(2012年6月)に行なわれた。物別れを承知なら、それなりの決断があるだろうと思われたのだが、そうはならなかった。

   終わって小沢は「消費増税だけが先行している。その前にやることがあるだろう」と言い、増税法案採決には「賛成できないということは、反対でしょう」と笑った。対する首相は「ご賛同は得られませんでしたけど、今国会中の法案成立に(自民党との)協議は進めさせていただきますと申し上げた」と語った。

足元見透かし輿石幹事長「すべて丸く戦略」

   野田はほかに、小沢に近い田中防衛、前田国交両大臣の交代を含む内閣改造も「通告」した。ある意味、「宣戦布告」でもある。小沢は内閣改造に異は唱えず、自らの離党も否定したという。ということは、会期の延長と、どの時点で法案採決となるのか、その際に小沢は?となるのだが、これがさっぱり読めない。会談に同席した輿石幹事長がこれまた読めない人だからだ。

みの:どうなるんですかね

   みのはフリップの小沢の顔を指して、「民主党の人でしょ。民主党が決めたことに逆らったら辞めないといけないのでは」と聞く。TBS政治部長の龍崎孝は「採決反対とかなら処分もあるでしょうが、最後まで自分の意見を言っている。増税法案の採決は今国会中」と解説する。会期延長のうえ、 自民党の賛成もとりつけるという読みである。

   要はまだ二股状態で、小沢切りもできず、会期延長幅も決まっていない―が続いている。輿石はさらに可能性の少ない、党を割らず小沢の顔も立て、自民にも受け入れられる道を探っているが、龍崎は「可能性は1%もない。会期延長については、小沢さんのいうことを容れながら自民ともとなると、大幅延長が必要とまでしか読めない」という。

小沢は「大阪維新の会」頼みで勝負に出る?

   みの「今回の内閣改造は何なんですか」

   龍崎「自民が求めている環境を整える改造ですね」

   みの「ここまで来たら、小沢さんはどうするんですかね」

   柿崎の見立てはこうだ。「力を誇示し、輿石さんの後ろから威圧する。いまボールは野田首相と輿石幹事長の間にあって、採決では決断をしないといけないが、それをさせないように輿石さんが延ばしている。 これを見守っている」

   みの「夏休み返上か。で、小沢さんは?」

   柿崎「輿石さんが方程式を解いてくれればよし。できなければ決断。『維新の会』をにらんで勝負に出るかも」

   その維新の会だが、毎日新聞の世論調査で、次期衆院選で「大阪維新の会」が候補者を立てた場合、比例代表の投票先で、維新が28%、民主14%、自民16%と出た。維新は地元近畿で41%、九州・中国・四国で3割を超えた。

   みの「大飯原発の再稼働についての橋下さんの態度なんかどうなの」

   柿崎「そのあとでもこれだけの数字だから、もの凄いこと。これが今後の政局に影響す るかもしれない」

   でも、ババ抜きのババはどこまでいってもババだと思うが……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中