2019年 6月 25日 (火)

まるで別人だった菊地直子「異例の逮捕後に写真公開」高橋克也逮捕につなげろ!

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   特別手配から17年ぶりに殺人罪などで逮捕されたオウム真理教元信徒の菊地直子容疑者(40)は、少なくとも2年前までもう1人の手配犯、元信徒の高橋克也(54)と接触があったことがわかった。

   菊地はきのう4日(2012年6月)までの調べに、逃走経過など素直に話しているという。それによると、当初は林泰男死刑囚(54)と逃げていたが、その後は高橋と新横浜、川崎などで転々としていたという。菊地と同居していて犯人蔵匿容疑で逮捕された高橋寛人容疑者(41)とは7年前に知り合い、その時点で克也とは生活が別になった。しかし、その後も2010年ころまで何度か3人で会っていたという。

同じ偽名「櫻井」名乗る男 昨年暮れまで川崎市内のアパート居住

   菊地は高橋寛人と同居しながら、時給850円の介護の仕事を主につましい生活を送っていたようだ。仕事はきちんとし、時には女子会に参加することもあった。家を訪ねた職場の仲間は意外にきれいな内部に驚き、「幸せそうだった」という。息子を取り返そうとオウムと戦ったとき、VXガスで攻撃された家族の会の永岡弘行さんは、「菊地さんは殺人は悪い事だと今の信者に伝えてほしい」と話す。

別人のようだね

   一方、高橋克也は菊地と同じに「桜井」を名乗っていた。川崎市内のアパートに昨年12月まで「桜井」という男がいたこともわかった。被害者対策弁護団の中村裕二事務局長は、「前の平田はいわば無名だったが、菊地と高橋は知られた人物だった。それが一緒に逃亡していたというのは、何らかの組織的支援があったのではないか」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中