内閣改造の次は「輿石幹事長外し」野田首相切れるか!民自協議2枚目カード

印刷

   野田首相はきのう4日(2012年6月)、第2次の内閣改造に踏み切った。問責決議を受けた防衛、国交相のほか、先の中国スパイ事件などとのかかわりで5人の大臣を入れ替えた。首相が「国会審議の環境整備をするべく」といった通り、自民との政策協議入りの前提のひとつだ。国会会期中の改造というのも異例。通常は官房長官がやる閣僚の発表も野田がやった。「内閣の機能強化という視点で」といったが、そんなものだれも信じまい。

森本敏防衛相「普天間問題は従来路線に引き戻し」

   なかで注目が、民間からの起用となった防衛相だ。2代続いて「素人」と非難されたが、とくに田中直紀大臣はひどかった。それにくらべれば、拓殖大教授の森本敏氏(71)はれっきとした専門家。野田もわざわざ「安全保障のわが国の第一人者のお一人でございます」と紹介した。防衛大から航空自衛隊、外務省を経て研究者になった。麻生内閣のとき防衛大臣補佐官も務めた保守派の論客だ。

覚悟見えない

   すると今度は「民間人」に疑問符だ。防衛相幹部は「知識があるのと閣内で政治を動かしていくのは別ものだ」。自民党は石原伸晃幹事長が「安全保障は国の一番の根幹。党内から人間を出せないのか」。元防衛相の石破茂・前政調会長も「他の大臣と違って文民統制を考えたとき、政治家でないと国民に直接責任が負えない」。与党からも、一川保夫・元防衛相が「あれでいいのかなという感じはちょっとしますけど」。まあ、一川の気持ちはわかるが、これらは大方メディアがむりやりいわせたものだ。

   当の森本は「先進国の中では国会議員でないケースもある。シビリアンコントロールの趣旨を損なうものではない」と反論する。むしろ文句をつけるのなら、森本が保守的で改憲論者である点だろう。沖縄問題でも、さっそく普天間は従来路線になりそうだ。アメリカではすでに新しい動きがあるというのに。

輿石東の腹の中「秋の代表選で小沢体制。それから総選挙」

   「朝ズバッ!」もホントの関心事は改造の先だった。改造はいわば「首相がボールを自民党に投げた状態」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)。首相は消費増税法案審議に「(21日までの)今会期中に全力を尽くす。野党との政党間協議をお願いしたい」と語っている。小沢元代表との会談が物別れになった結果でもある。

   さあ、これを自民党がどう受けるかだ。それと、政党間協議を仕切る輿石幹事長が動かないことだ。引き延ばして秋の代表選まで引っぱり、できれば小沢体制で来年の選挙というのが本音だから、「21日まで」という首相とはどこかでぶつかる。それがわからないと、自民も受けられない状況だ。

   司会のみのもんた「ひとつだけ言えるのは、いま国民の関心がウワッと集まっていること」と嬉しそうだ。与良正男(毎日新聞論説委員)の解説では、首相は「21日まで」といったが、G20があるので、採決は15日くらいまでにとなる。それまでに自民との協議ができるのか、それとも寝ちゃってる輿石幹事長がどうとかこうとか。与良は「きのうの会見聞いたが、覚悟とか決意が伝わらない。小泉さんの郵政解散のような、 国民に聞くことを恐れない覚悟が…」「命をかけないと国民には伝わりませんよ」という。そこだけはよくわかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中