残るオウム・高橋克也の逮捕間近か?警察は偽名・仕事把握

印刷

   オウムの菊地直子容疑者が逮捕されて、オウムの特別手配者はいよいよ高橋克也容疑者だけとなったが、こちらの動向もにわかに緊迫してきたようだ。番組によれば、高橋は1996年11月には、菊地ほかの信者と埼玉県所沢市で潜伏していたが、その後の行方はまったく途絶えていたという。

   しかし、菊池の逮捕を契機に、高橋が「菊地容疑者と逃避行10年超」(番組キャプション)しており、5年前まで川崎市で菊地と一緒に生活していたなどの情報が出てきた。

サクライシンヤの名前で関東近辺に潜伏

   オウムに詳しい有田芳生参院議員によれば、「高橋容疑者はサクライシンヤ(櫻井信哉)という偽名を使っている。おそらくいまでも関東近辺にいると推測される」

   警察は高橋の仕事の職種なども把握しているが、細かい情報を公開していない。それは「水面下で迫る動き」があるからで、「相当、逮捕に近づいていると思いますよ」と言う。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中