2018年 7月 16日 (月)

俳優・山本太郎、森喜朗元首相から「君、偉いね、自分の仕事そっちのけで」

印刷

   俳優の山本太郎が6月5日(2012年)、電車で森喜朗元首相に遭遇して話を聞いたとツイッターで報告した。

   福井県からの帰りの電車、森元首相と見られる人を発見した山本は、本人か否かを確認するため話しかけたが、「森さんお会いできて光栄です、山本太郎と申します」と半分も言わないうちにSPが守りに入ったという。「あー、知ってるよ」と答える森元首相に「一分だけお話させて戴けませんか?」と頼むと、隣の座席を空けて話しに応じてくれたという。

   原発の再稼動についての質問に元首相は、「福井の為にやるのでなく、関西の為にやる事だから」「生活を小さくして行く覚悟が皆さんにできているなら、脱原発も早まるだろうが、徐々に減らして行き、自然エネにシフト、と言うのが現実的。」と答えたという。

   最後に「君、偉いね、自分の仕事そっちのけで。」と森元首相に言われたことを明かし、山本は「政治家の皆さんがしっかりお仕事して下されば、市民が時間を削って動かずに済む事なんですよ(笑)」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中