2018年 7月 18日 (水)

綾瀬はるか「ホタルノヒカリ」台湾でもこの人気ぶり…空港にファン押しかけ

印刷

   女優の綾瀬はるかが台湾を初訪問したという。国内公開中で、台湾でも公開されるという主演映画「ホタルノヒカリ」の宣伝などのためだそうで。この映画はもともとぐうたらな「干物女」が恋愛する漫画で、日本テレビ系でドラマとなり、映画化され、「スッキリ!!」でもやたらと取り上げ、番組の合間には宣伝CMが流れる――といった今日の日本映画の王道を行くような作品である。

テレビドラマも高視聴率

   それはさておき、「現地ではモー大勢のファンやマスコミがつめかけて、一時大混乱となりまして」と森圭介アナが言う。現地の空港にはマスコミ30社、ファン500人が押しかけたそうな。

   綾瀬が日本で人気がないわけではないにしろ、彼女が立て続けに映画に主演していると聞けば、小首をかしげる人もいなくはない程度の人気であるから、台湾でこれほど熱狂的な歓迎を受けていることは、少々意外な気がしないでもないでもない。

   番組が台湾で同作を配給する会社に聞いたところでは、「ホタルノヒカリ」のドラマは台湾でも人気があり、視聴率が高かったという。そして綾瀬は台湾でいいイメージを持たれ、ファンが非常に多いそうな。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中