夏野菜の代表「甘いトマトはここが違う」3大見分けポイント

印刷

   今どき年がら年中売り場に並んでいるトマトだけれど、旬はやっぱり夏だ。しかし、おいしいトマトを見分けるのはこれでなかなかむずかしい。真っ赤だからと期待すると汁ばかり多くて味がなかったり、甘いんだけど皮が固かったりということも少なくない。おいしいトマトを見つけるコツはここだ!

ツルツルまん丸はパス。保存も冷蔵庫には入れない

   先月(2012年5月)オープンしたスカイツリーの商業施設「ソラマチ」のレストランシェフ奥田政行さんは、美味しいトマトをこうやって見分けている。「指先をトマトの中心から滑らせていって、滑りの悪い方が甘味が強いです。まん丸の奴はそれなりの味。人間で言えばイエスマンの味だね。そして、甘くて酸っぱいトマトはお尻が尖がっているんです。それと、裏返してみてヘタの周りがデコボコなのは実が詰まっている証拠です」

   早い話が、見てくれのいいつるんとしたトマトはダメということだ。買ってきたトマトを冷蔵庫で保存するのも失敗の原因となる。柳沢秀夫解説委員が手元に2種類のトマトを出し、「両方とも5日経っているけど、常温のものの方が冷蔵庫の中のものより赤味が増しているでしょう。トマトは直ぐに冷蔵庫に入れないほうがいいんだよね」

   室温で置いておくとトマトは追熟して甘味が増す。栄養士の佐藤秀美さんによると、「トマトは室内の温度19~24度で赤くして、その後、冷蔵庫の野菜室(8度前後)で保存すればリコピンも多く摂ることができます」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中