朝っぱらから裸同然のAKB48宣伝かい!これじゃあネットに負けても当然

印刷

「ノンストップ!」(フジテレビ)2012年6月6日9時55分~

   最近のフジテレビの地上波は、早朝の「めざにゅー」から始まって、午後の「しりたがり!」までベターッと生のワイドショーモドキが続く。派手で安っぽい作りのバックにタレントと局アナを集めてバカ話をさせていれば、時間がもつし経費も安いと高をくくっている局の上層部の手抜き体質が丸見えである。その中の1つ、かつて見たことのなかった当番組を見たら、猛烈に腹が立ってきた。
   今日はAKB48の総選挙(この言葉は仕掛け人のあざとさの最たるものだ。本物の総選挙のマネをするんじゃない)をこの局が生放送するというので、代表として選挙で上位に行きそうな柏木由紀ら数人を呼び、司会の設楽統との掛け合いトークで時間を潰す。つまり、夜に放送する生番組を、「ノンストップ!」を全部使ってPRしているわけで、ならば、CMの電波料を払えといいたい。
   その上、朝っぱらからAKB48の連中は下着みたいな肩丸出しに超ミニのパンツすれすれルック。夜のキャバレーじゃあるまいし、鼻の下の長いオジサンたちは仕事に出かけて見ているはずがないのに、主婦と年寄りだけが見る時間帯の番組で、若いタレントの裸を披露してどうするのだ。スタッフたちは空しくはないのか。
   一億総白痴を通り越して、今の地上波は悲惨でさえあり、メディアの自殺行為に他ならない。これで「インターネットに負けそう」と焦っているのだからお笑いである。おい、総務省何とか言え!

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中