2018年 7月 19日 (木)

高橋克也の逃亡生活「追い詰められ戦々恐々」「いや、計画通りに行動」

印刷

   連日、高橋克也容疑者の行方を追っている「スッキリ!!」だが、そろそろ息切れの感がある。彼がどこにいるかの推理もどん詰まり、けさ12日(2012年6月)は容疑者がなにを考えているのかと、その心理面に着目して、「専門家」に話を聞いた。

緊張感を高め冷静にシミュレーション通りに行動

   犯罪心理を研究しているという越智啓太・法政大学教授は、「どう逃げればいいかわからず、本当に追いつめられた状況。食事も買えないし、ホテルや漫画喫茶なども行けない。居場所がなくなっているのではないか」とビデオでコメントした。

準備周到

   一方、スタジオでは「日本一の逃亡のプロ」(キャスターのテリー伊藤)はそんなヤワじゃない。着々とうまうまと逃げおおせようとしているとの見方が相次いだ。

   ロバート・キャンベル東京大学教授「追いつめられているというコメントがあったが、必ずしもそうじゃない。準備周到だと思いますよ」

   香山リカ・精神科医「パニックとか、追いつめられているというより、この日のためにいままで準備していたという感じで、緊張感を高め、冷静にシミュレーション通り行動しているのではないか」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中