日本FK蹴る前に試合終了!オーストラリア選手退場の帳尻合わせ?

印刷

   「謎の判定」「不可解判定」――。きのう12日(2012年6月)、オーストラリアで行われたサッカーの試合(W杯最終予選)では、例によって日本代表に不利な笛が吹かれたようだった。

   「スッキリ!!」では、ディフェンダーの内田が対戦相手のオーストラリアにPKを献上したファウル(イエローカード受領)と、ロスタイム終了直前に日本がフリーキックを与えられたものの、蹴る前に試合が終了したことが問題視された。

レフェリーの頭よぎった「蹴らしてサヨナラゴールまずいな」

   「アレですよ、問題は」。番組司会の加藤浩次はとりわけ疑惑の試合終了に対して声を上げた。あんな場面はサッカー好きの俺でも見たことがないと言うのである。やはりアレはありえないオーストラリアの笛だったのだろうか。しかしサッカー解説者の都並敏史は、そうした場面を3回ぐらい見たことがあるという。ルール上は問題なく、「(FKを蹴れるようになった)瞬間に蹴ってしまえばよかったが、時間をかけすぎたのかな」とも指摘した。

あんなの見たことない

   その一方で、「蹴らして終わるのが普通」であり、「レフェリーとしても、これ決まったらまずいなというのもあったりとか」と、「不可解判定」も立てていた。

   審判は後半の早い時間に、オーストラリアの選手に2枚目のイエローカードを出して退場させていたが、その際、1枚目を出したことを忘れていた節があり、それ以後「帳尻合わせ」を考えていた可能性があるという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中