2018年 7月 23日 (月)

欧州不安でノーベル賞賞金20%カット!綺羅星の如く経済学受賞者いるのに?

印刷

   世界的に経済不安の続く昨今、ノーベル賞の賞金も影響を受けているそうだ。「スッキリ!!」が取り上げた朝日新聞記事によると、今年のノーベル賞の賞金額は、これまでの1億1000万円から8900万円へと約20%もダウンするという。賞金はノーベルの遺産をもとに運用されているが、近年は儲けが思わしくないそうな。

「ノーベル遺産」の運用実績悪く1億1000万円が8900万円

   「運用実績だから、もうしょうがないですよね。いまのヨーロッパの状況を考えると」。司会でお笑いタレントの加藤浩次がもっともらしく言うと、コメンテイターで評論家の宮崎哲弥が「ノーベル経済学賞の人がなんとかしてくれないのかな」と笑いを取った。

なんとかできないの?

   「ホントですね」と一本取られたといった感じで受けた加藤は、「でも、そうもいかないんでしょうね」と生真面目に付け加えた。

   それにしても暴落の前にいた経済の天才、投資の神様たちはどこへ消えたのかしらん。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中