主審が時計見間違えた!?最後のチャンス本田圭佑FK直前に試合終了

印刷

   後半ロスタイムに本田圭佑がフリーキックを蹴ろうとした瞬間、試合終了を告げるサウジアラビア主審のホイッスルが鳴り響いた。コメンテーターの宇治原史規(お笑いタレント)は「これまでいくつもの日本代表の国際試合を見てきたが、昨夜(2012年6月12日)の試合はえっ!と驚いた。こんなことは初めてだった」と話す。ザッケローニ監督は怒り、本田は諦めたように苦笑した。

   W杯アジア最終予選第3戦(オーストラリア・ブリスベーン)の日本対オーストラリア戦は、緊張したいい試合だったが、審判がそれをぶち壊してしまった。

狙われていた日本PK「審判はボール見ないで内田見てた」

   司会の羽鳥慎一「まだ時間は残っていたはず。それがなぜあんな判定になったのか」

なぜあんな判定

   オーストラリアにいるサッカー解説者・松木安太郎は「あの主審は何枚イエローカードを持っていたのか。イエローカードの出し過ぎです。両国の選手は主審の判定に困惑していた」

   なにしろ、主審は7枚のイエローカードを乱発、両チームから1人ずつの退場者を出した。

   宇治原「同点に追いつかれたPKを内田篤人選手が与えてしまいましたが、あの判定をどうおもいますか」

   松木は「あの時、主審は内田しか見ていなかった。本来ならばボールの行方を見てなくてはいけないのに、ボールから目を離していた」とテレビ映像には映らなかった動きを伝えた。

   羽鳥「ロスタイムが終わる直前に試合終了の笛が吹かれたのはなぜ」

   松木「主審はいくつかの時計を持って試合に臨んでいます。その時計のどれかを見間違えた可能性が考えられます」

   次の試合は9月に日本代表監督を務めたジーコ率いるイラクだ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中