W杯サッカー出鱈目審判より気になった「頓珍漢アナ」凸凹ピッチ相手も同じ

印刷

「2012 FIFAワールドカップサッカー・アジア地区最終予選 オーストラリア×日本」(テレビ朝日)2012年6月12日18時半~

   試合そのものは拮抗して面白かったが、素人の疑問も書きたい。相手チームが1人欠けてからも、何で日本チームは横パスばかりやるのか。得点して終了間際の時間稼ぎならともかく、同点にされてまだまだ得点しなければならない時に、相手のディフェンスラインの遥か後ろでパスを回しているのは理解できん。バカか。
   相手が縦パスするのを、アナウンサーは「オーストラリアの攻撃は直線的で単純」と言っていたが、縦にボールを蹴りこんで得点できればそれに越したことはないのだ。横パスばかりで相手のディフェンダーに準備させる方がよほど間抜けだと思うけれど。
   審判によるイエローカードの出鱈目やフリーキック直前の終了の笛など、不審にして怒りたい場面は多々あったが、日本チームの欠点も素人目にも目立った。世界の一流と違うところはまだある。ザックさん、次の試合までに大いに修正してもらいたい。
   中継アナが盛んにピッチの状態が凸凹で悪いといっていたが、これこそ過保護というもので、世界中が日本のように至れり尽くせりの条件を整えていると思ったら大間違いだ。そもそもサッカーとは、貧乏で設備もない場所にボール1個で蹴り合ったところから派生したスポーツ、つまり、最貧民の娯楽なのだ。ピッチのコンディションをエクスキューズになんかするなといいたいし、アウェーとはそういうものである。闘う両チームとも条件は同じなのだ。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中